広汎性発達障害(PDD)と高機能広汎性発達障害(HF-PDD)

広汎性発達障害(PDD)とは、自閉症、アスペルガー症候群(AS)、学習障害(LD)、多動・注意欠陥障害(ADHD)等、先天的な脳器質障害における、自閉症を中心としているかも知れないが、発達障害をひとくくりにした名称で、「自閉症スペクトラム」と同じ意味で捉えられます。
また広汎性発達障害は、広義としての言葉としては便利すぎるために多用するには注意が必要との専門家等からの批判もあります。

 

広汎性発達障害は、重い知的障害を伴う人から高い知的能力を持つ人まで幅広いために、言葉の遅れや知覚異常、不器用さなどの特性もさまざまで、知的障害を伴わないものを高機能広汎性発達障害(HF-PDD)といい、うちコミュニケーションの障害が軽いものをアスペルガー症候群ということができます。発達障害には、他に注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などもあります。

 

広汎性発達障害(PDD)の特徴

広汎性発達障害(PDD)とは、次の3つの特徴をもつ生まれつきの発達障害のことを指します。これは脳の器質的な異常によるものですから、育て方の問題ではありません。
@対人関係
  視線が合わない、友達関係が作れない、他人と興味を共有できない、感情が伝わらないなど。

 

A言葉やコミュニケーションの障害
  ことばが遅れていたり、一問一答になってしまったりしてほとんど会話にならない。またオウム返しと言われるような特有の応答をする。遊びのルールや役割を理解できないなど。

 

B特徴的なこだわり
  興味を持っているものが限られている。物体の細部にこだわる、周りから見て意味のない習慣にこだわるなど。

 

@ABのいずれも当てはまるものを自閉症、@Bのみのものをアスペルガー症候群と呼びます。他にも他に分類されない広汎性発達障害(PDD-NOS)などが含まれます。

 

 

高機能広汎性発達障害(HF-PDD)の特徴

広汎性発達障害(PDD)の中でも、知的障害を伴わないものを言います。高機能とは知的障害を伴わないという意味で、高機能広汎性発達障害(HF-PDD)には、アスペルガー症候群と、高機能自閉症やPDD-NOSの一部が含まれ自閉症の軽症例と言えます。
しかし注意すべきは、障害として認知されないと、わがままや性格の問題として扱われることになるため、よって不適切な対応がなされ、不登校やさまざまな不適応行動に発展するケースが多くみられます。

 

広汎性発達障害の子供は、たとえ高機能であっても、興味や関心が偏っていたり、相手の気持ちを推し量れなかったり、その場にあった行動ができなかったりすることで、特に社会行動やコミュニケーションが困難です。
学習面でも、問題の意味や求められていることをイメージすることができません。また、子供によっては、特定の音や味に対して異常に敏感なために、音楽室や給食などの場面で激しいストレスが生じて、そのことが不適応行動につながってしまうことが多々あります。
これらの問題を、親のしつけが悪いから子供がわがままだとか、性格が悪いとか決め付けるのではなく、障害について理解した上で対応することがとても重要です。また子供自身が自分の障害を理解することも重要です。