アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とは自閉症グループの一つで、100〜200人に一人位いると言われている発達障害で、高機能自閉症と呼ぶこともあります。

 

アスペルガー症候群が自閉症と違う点は「知的障害がない」ということです。言葉の遅れは無く会話能力はあるのですが、自閉症同様の、
@他の人との社会的関係をもつこと、
Aコミュニケーションをすること、
B想像力と創造性
 の3分野(3つ組)の障害を併せもった発達障害のことを言います。

 

しかし、会話の能力があっても、それをコミュニケーションの方法として使えていないのも特徴です。
そしてアスペルガー症候群は、特に珍しい障害ではなく、ごく普通に生活している人や社会に貢献して活躍している人もいます。
しかし、広範囲にわたる発達上の困難を併せ持っているために、特別な支援を必要としている人がたくさんいるのも事実です。

アスペルガー症候群とは?記事一覧

アスペルガー症候群の定義については医学界でも意見が割れており、しばしば激しい論争も起きています。しかし代表的なアスペルガー症候群の定義としては2種類あります。一つは精神医学において頻用されるAPA(アメリカ精神医学会)の診断基準 「DSM-IV-TR」や世界保健機構(WHO)の設定した、国際疾病分類「ICD-10」などいわゆる国際的な診断基準で定義されているアスペルガー症候群の概念です。 そしても...

アスペルガー症候群の原因は、現在の医学ではまだはっきりとわかっていません。よく親の育て方や親の虐待など「愛情不足」などが原因といわれることもありますが、これはアスペルガー症候群の子供は、幼児期から漢字を読み書きできたり、算数の計算などが得意だったりすることもあり、これを「勉強優先で親の愛情が不足している」と見られることがあるからのようです。またアスペルガー症候群であると正しく診断されないと単に「わ...

自閉症とアスペルガー症候群については、現代の定義づけによれば違うものだといえるようですが、これもまた諸説あり実際のところはどうなのでしょうか?アスペルガー症候群は自閉症の軽度な例として考えられていますが、近年では、アスペルガー症候群の中には、注意欠陥や多動性障害(AD/HD)や学習障害(LD)などを併発している場合もあり、このような合併障害があることと、「アスペルガー症候群」や「自閉症」という言葉...

高機能自閉症(HFA)は自閉症の3大特徴である(社会性,コミュニケーション,想像力の障害)を持っていても「知能に明らかな遅れがない自閉症のことを指します。「アスペルガー症候群の定義」や「高機能自閉症とアスペルガー症候群は同じものかどうか?」については、日本国内においては高機能自閉症とアスペルガー症候群は区別されることは少ないようですが、やはり研究者の中でも意見が分かれていて、実際のところはまだはっ...

広汎性発達障害(PDD)とは、自閉症、アスペルガー症候群(AS)、学習障害(LD)、多動・注意欠陥障害(ADHD)等、先天的な脳器質障害における、自閉症を中心としているかも知れないが、発達障害をひとくくりにした名称で、「自閉症スペクトラム」と同じ意味で捉えられます。また広汎性発達障害は、広義としての言葉としては便利すぎるために多用するには注意が必要との専門家等からの批判もあります。広汎性発達障害は...

アスペルガー症候群が発症する年齢というものはあるのでしょうか?アスペルガー症候群は、脳機能障害であることはわかっていますが、ではまったく脳機能に問題のない子供や大人が、なんらかの原因により脳機能に障害が現れ、自閉症やアスペルガー症候群と診断されるようになったというような事例はあるのでしょうか?このことを考える前に、自閉症そのものの原因が、過去においては様々な説がありましたが、現在では「先天性の脳機...